矢野建設のロゴ
 

SOCIAL ART MUSEUM

ヘラルボニーとは?

「ヘラルボニー(福祉実験ユニット)」 障害×アート

株式会社ヘラルボニーとは、松田崇弥 と文登の双子の兄弟が2018年に立ち上げ、障害のイメージを一新することを目指しています。
原点は、自閉症と知的障害がある兄。社名のヘラルボニーは兄が生み出した言葉です。
重視しているのは、障害のある人の収入を増やすこと。
障がい者に対する価値観を変えるため、歩みを進めるヘラルボニー。2人が思い描く未来とは、「”障害”と話した途端に、欠落と連想するのではなくて「障害」=「違い」「個性」という社会になったらいろんなことを面白がれると思っていて、ビジネスを通じてアートというフィルターを通じて障害のある人との出会いを作っていくことで、接し方が変わっていくのかもしれない。認知度を広げていって、優しい世界になっていくこと。」「障がいのある人たちのイメージをアートの力で変えていきたい」との思い。
矢野建設グループは福祉実験ユニットヘラルボニーの活動に強く共感し一緒になって活動していきます。

2021年5月27日 報道ステーションで放送されました。

全日本仮囲いアートプロジェクト

全日本仮囲いアートプロジェクト 全日本仮囲いアートプロジェクト

「全日本仮囲いアートプロジェクト」は、建設・住宅を守る「仮囲い」を、新発見ができる期間限定の「ミュージアム」と捉え直す地域活性型のアート・プロジェクトです。
福祉施設に所属する知的障害のあるアーティストが、街と近隣住⺠の感性を彩ります。
矢野建設はこの活動に強く共感し、福祉実験ユニットヘラルボニーと一緒になって活動しています。

(左)矢野建設グループCEO矢野勇治、(右)株式会社ヘラルボニー代表取締役松田崇弥氏 (左)矢野建設グループCEO矢野勇治、(右)株式会社ヘラルボニー代表取締役松田崇弥氏

(左)矢野建設グループCEO矢野勇治、(右)株式会社
ヘラルボニー代表取締役松田崇弥氏

アーティスト嶌岡史絵様が来てくださいました!! アーティスト嶌岡史絵様が来てくださいました!!

アーティスト嶌岡史絵様が来てくださいました!!

SOCIAL ART MUSEUM

ソーシャル美術館